疑問文はじめのいっぽ♪ 販売中です!

ご訪問ありがとうございます(^-^)
大変、たいっへんお待たせしました!

「質問」から学べる英語 疑問文はじめのいっぽ 超初級編1 無事発売しました~~~!

とにかく、この書籍は盛りだくさんです!
今までは、執筆を始めると長ーくなってしまい、分冊に分冊を重ねてしまっていたのですが、この『「質問」から学べる英語』だけは1冊完結にしようと話し合って世に出しました。
HowとWhatと違いは?同じイメージの質問でも、目上の人や状況によって質問の表現方法が違う!?
目からウロコがポロリと落ちる「疑問文祭り」。ぜひ一度のぞいてみてください♪

疑問文はじめのいっぽ♪■内容紹介■

ご訪問ありがとうございます(^-^)
世に出るにはもう少し先の「質問」から学べる英語 疑問文はじめのいっぽ 超初級編1ですが、今回はきくみ先生からの内容紹介をさせていただきます♪
今回、私(ともえ)は何度、図やイラストやその他を書き直したか・・・(遠い目)。そして何度きくみ先生に「もっと解り易く!」「もっと簡単に!!」「もっと!!!」と迫って困らせたことか・・・(先生、いつもスミマセン)。
これまでも濃い内容ですが、今回はもーっと濃い~~書籍となりそうです(^-^)


疑問文は正式に教わるというよりは、教科書の中の一環として学ぶことが多く、たくさんの方が「型」で学んでいるのが事実です。
わからないことが残りながらも、何がわからないのか?というのを立ち止まることなく、すーっと来てしまったかもしれません。
すーっと来た挙句の果て、体感に落ちていれば、それはラッキーです♪
とはいえ、この疑問文の理解の浅さがゆえに、名詞節の中のWhat節と日本における英文法で言われている範囲や、関係詞(関係代名詞と関係副詞)が混乱していて、伸び悩んでいるのも事実です。
それはとても残念なことなのです。
なぜならば、会話へと繋がらない確率が高くなってしまうからです。
名詞節を自在に操ることができれば、会話量がぐんと増え、コミュニケーションの質が上がります。
しかも!
質問をするということを「是」「前提としてもちろんアリ!」とすることは、そもそも英語の特長である、多様性を認めて挑むことなのです。
さ、長いと感じる英語学習の中で、かなり肝心な疑問文をいっしょに学んでいきましょう!

疑問文はじめのいっぽ♪

ご訪問ありがとうございますm(__)m
まだまだ肌寒い時間があったり、とっても暑かったりする毎日ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私(ともえ)と、きくみ先生はせっせと執筆を進めています♪

皆さま、すっかりお待たせしています。「疑問文はまだかーっ!!」という気持ちは、私も同じ(苦笑)。
超初心者中の超初心者中の・・・とにかく、私、ともえが分かるくらいのレベルまで落として落として落とした末に、タイトルがやーっと決まりました~~♪♪

「質問」から学べる英語 疑問文はじめのいっぽ
超初級編1

内容については次回紹介させていただきます♪
世に出るまでもう少し!もう少しお待ちくださいませ~~!!

Grade 1 E販売中です♪

ご訪問ありがとうございます(^-^)
Grade 1E、無事販売開始となりました♪
長い長いGrade 1シリーズとなりましたが、どこの箇所も外せない、基礎中の基礎がギュッと詰まっています。
少しでも英語学習のお役に立つことを祈って☆

Grade 1Eのお知らせ♪

ご訪問ありがとうございます(^-^)
まだもう少し準備中ですが、GWくらいには世に出したいGrade 1Eについてお知らせです♪
疑問文を除くと、こちらでGrade 1シリーズが完結します。最後まで内容がぎっしり♪の一冊となりました(^-^)


【Grade 1Eで出てくる内容】
過去形の文章がまだまだ続きます。過去形に不定詞がついている文章は、現在形の不定詞とどのようにイメージが違ってくるでしょうか?
原型不定詞も登場して、ちょっとずつレベルが高くなっているGrade 1E。
「We stood still for our picture.」では、共著者ともえの「嗚呼勘違い連続文章」となりました。正しい文章のイメージは?Q&Aを乞うご期待です!
未来形も登場して、時制の引き出しが増える1冊となっています

Grade 1 D販売中です!

ご訪問ありがとうございます(^-^)
「もう少し先です!」とお話ししていた「Nativesが学んでいる英語」のGrade 1Dですが、無事、販売開始となりました♪
長々とGrade 1シリーズを続けていますが、あと1冊、Grade 1Eで区切りがつきます。その後は「疑問文祭り」ですので楽しみにしていてくださいね☆
毎度毎度のことながら、今回も「目からウロコ」がポロポロ落ちました。現在形も日本語とちょっと違う角度からみている英語ですが、過去形もなかなか、イメージにイメージを重ねております。
英語の基礎の「き」を、着々とつくっていきましょう♪

Grade 1 Dについてお知らせ♪

ご訪問ありがとうございます(^-^)
「Nativesが学んでいる英語」のGrade 1Dの販売はもう少し先となっております。
その前に・・・
内容紹介の一部を公開します♪


Grade 1Dは過去形が出てきます。さて問題です。以下の文章はどんなイメージになるでしょうか?
My mom wore a fancy dress.
・「my mom」が、あるfancy dressを着ていた。
・「my mom」が、(習慣的に着ている)あるfancy dressを着ていた。
・「my mom」が、(以前は習慣的に着ていた)あるfancy dressを着ていた。

さらに・・・「a fancy dress」が「the fancy dress」になったときのイメージの違いについて説明できますか?

「過去のこと」といってもたくさんイメージがあります。それぞれの微妙な違いをQ&Aで紹介しています。
そして恒例の前置詞祭りが開催中(!?)。今回は特に、私、ともえにとって、イメージが難しい前置詞がたくさん出てきます。
前置詞はイメージだ。イメージが大事だ、と何度も自分に言い聞かせては、イラストを作成しましたが、何度もきくみ先生に確認してもらいました(汗)。OKをもらったときは嬉しかったなー。
そんな涙と汗と笑顔(?)の前置詞祭り、是非参加してみてくださいね♪

ちりも積もれば・・・

ある日のつぶやき
某日、きくみ先生におすすめのスローガンをいただきました♪
是非このHPで紹介するように、と。



これは、どうやら通常が「1」の状態で、0.01%の力を毎日付け足して継続していくと、すんごい力になっていく。その反対に0.01%力を抜くと、すんごく結果が下がっていく、という図らしいです。


賛否両論あるらしいですが、まぁ、私的には
自分に合ったやり方を、自分らしくしていけば楽しいよね(*´ω`*)
としか言えないんですが(お気楽)、「このようなこともあるよ」という紹介です(^-^)
一つの物事に対して、できる方法はイロイロあります。自分に合ったやり方で進めていけたらいいですね♪
そんなこんなで(?)私、ともえのTOEICものがたりも「必死にならない!ゆるゆるとしながらスコアUP!ができる」といった学習方法もあるんだよー、とお知らせできるように続けていきたいと思います(‘ω’)ノ

TOEICものがたり4

「いつかは受けなくちゃいけないんだから」と思い切ってTOEICの模試を受けた結果は・・・・、

listening:38問正解245点
reading:29問正解170点
合計415点

でした!!!
え?なんで?え?なんで?え?なんで・・・(以下繰り返し)???
私学生の頃、模試8点だったんですよ。ちょっとは英語の勉強はしているとはいえ、絶対よくて200点台くらいだと思っていたのですが・・・。

私はただ、「Nativesが学んでいる英語」のGrade 1(現在Grade 2のちょこっとだけ執筆を進めていますが)を何度も何度も繰り返し噛みしめていただけで。
しかも、listeningなんか、youtubeのStephenさんと、きくみ先生の「ええ声」を何往復か「聞いた(注:「聴いた」ではない)」だけで。(←毎日聴けよ)

アメリカの小学1年生レベル、軽く見てはいけません。

ということで、まずはこの結果から、まずはまっっっっったく埋めれなかった分野から、本番へ向けて対策を練ろうということになりました。

つづく(‘ω’)ノ

TOEICものがたり3

ご訪問ありがとうございます(^-^)
ついに私はTOEICの模試を受けることにしました。今回は「TOEICものがたり」をお送りします♪

TOEICものがたり3

とうとう模試をしてみることしました。
まずは模試で、自分のできないところを噛みしめてから本番へ挑もうと思ったのです。
(まぁ、多分きっと、全部わかんないんだろうな・・・と思っていました)
TOEICはlisteningとreadingがあるということしか知らない私は「まぁ、どうにかなるでしょ、模試だし」とのんびり問題用紙に向かいました。

ところが甘かった。

まず、listeningであたふた。
「え?これどうやって回答するの???」と脳内はお祭り騒ぎに。
しかししかし!一つだけいいことがありました!
なんと!問題を音声で解説しているのですが、なんとなく聴き取れる!!
何で?どうして!?
でも問題は30%くらいしか内容が分からない!だけど回答で「絶対これは違う」という箇所は何となく解る!!!
嗚呼、「Nativesが学んでいる英語」のlistening、ほんの少しでも聴いてて良かった(感涙)。

そんなこんなでreadingは終わり・・・
そしてreadingで燃え尽きました(笑)。
だって、ゼンゼン分かんないんだもん。
とにかく全問マークシートを埋めて、長文で解るところがないか、気を取り直して読んでみることにしました。
結果はいかに!??

つづく(^_-)-☆